エレクトーン 配送

エレクトーンの配送を安くする1番簡単な方法

エレクトーン 配送

エレクトーン 送料

エレクトーン 配達

エレクトーン 送る

 

エレクトーンは大型冷蔵庫なみの重量がありますので、簡単に動かすことができません。

 

誰かに譲ろうと思っていたり、2階に移動させたいなどの理由で移動したくても、なかなか出来ませんね。

 

実はエレクトーンの配送は、専門業者、宅配業者、引越し業者、便利屋などに依頼できます。
専門業者に依頼すれば安心ですが、競争がないため費用が高めになります。

 

これらの中で1番数が多いのは引越し業者です。
競争があれば、費用が安くなるチャンスが生まれますが、小さな引越し業者ではエレクトーンの配送を扱っていないこともあります。

 

そこで扱いのある引越し業者を探すために、一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

複数の業者が競争することで、配送費用が安くなります。
引越し業者にはエレクトーンだけ運ぶ、ピアノだけ運ぶ、冷蔵庫だけ運ぶという大きな家財だを運ぶサービスがあります。

 

お気軽にご依頼ください。
1番安い業者を探すのも一括見積もりなら簡単なので、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越し業界には繁忙期がある

 

引越しの繁忙期

 

引越し業界には1年で一番忙しい繁忙期という時期があります。
繁忙期はそうでない通常期に比べて、引越し料金が高めに設定されています。
もし時期にこだわりがないのであれば、繁忙期にエレクトーンの配送をするのは避けましょう。

 

繁忙期というのはズバリ3月です。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月新しい環境にむけて引越しをします。
さらに春は人事異動があり、転勤となったサラリーマンやその家族、単身赴任のサラリーマンも3月に引越しをします。

 

これだけ多くの引越し理由が重なるわけですから、3月の引越しは高くなるのです。
引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、日に寄っては手が回らないことも・・・。

 

繁忙期は特に引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてことが本当にあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者、高い業者の差はあります。
見積もりを早めに比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しのオプションとは?

 

エレクトーン 配送 オプション

 

交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものが引越し費用です。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設はコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違うため素人では取り外しできません。
配管で室外機ともつながっているため複雑なのです。

 

しかしエアコンを自分で購入して設置した場合は、新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

引越し業者のオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、専門の業者が来てくれるので便利なのです。

 

ドライブが好きな人なら、車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれませんね。
しかし東京から九州までの遠距離を1人で運ばなければならない場合もあります。
車を遠距離運ぶには、時間に余裕があって運転と体力に自信がないとできませんから、「車の陸送」もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノやエレクトーンはどこのお宅にもあるものではありません。
これらは高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

単身 引っ越し 相場 エレクトーン 宅配 エレクトーン 運搬 ベッド を 送る